5月以降の分蜂群の異変について

5月以降の分蜂群の異変について

5月以降の分蜂群の異変について

5月~の分蜂群成長不振の状況

4月中jまでに分蜂した群れは、10月には例年に近い巣板4段まて成長しましたが、その後分峰した5月以降の群れは2段~3段と著しい成長差が見られ、10月に採蜜出来ない群れが多く発生しました。(巣箱270×270×150・25㎜換算)

<条件>通常分蜂群は、新しい蜂の誕生まで約20日以上を要し、働き蜂の増加を確認できるまで約1ヶ月を要すと理解しています。採蜜は、越冬群は6月末・分蜂群は10月始めに実施している。

<検討>この条件を今年の分蜂群に当てはめた場合、蜂は同様推移したと思いますが、環境面は5月末までは例年とほぼ同じに推移した様ですが、6月の環境は夏日の到来と梅雨が明けが約1ヶ月も早まり、樹木の開花も通常より早まり一斉に開花が早まったと推測しています。通常なら梅雨明けまでの1ヶ月は蜂達が花から花へと集蜜期間が有り7月末頃から蜜枯れ時期が始まるのに、今年梅雨明けが早かった為集蜜の期間が短く、蜂達の増加がリンクしなかった為、蜂達の蜜捕獲量の減少に繋がり巣板成長に大きく影響したものと考えています。果実類の収穫状況等には変化は報じられておら無い事から早まった開花による影響は無かったと思われます。

<採蜜>10月に巣板4段に成長した群れで見られた傾向(写真参照)は、上段巣箱の貯蜜量が例年より2.3割少ない状態でした。通常貯蜜量は隅々まで蜜が蓄えられており、春の分蜂群は10月に1箱の採蜜は必ず行えましたが、今年は2.3段の巣板成長に留まり採蜜見送りが増えています。全国の趣味の養蜂家からも、分蜂直後の採蜜に近いスカスカ貯蜜状況との報告も寄せられております。

写真➀逆光の為見にくいですが、スノコ側で、カット写真ですが蜜がにじみ出る様子は見られず全体的に乾き始めた印象を受けました。

写真➁➀の裏側で2段目との接続部分です。上右と下左の巣房には貯蜜はほとんど有りません。

写真➂➁の下左の巣板で密はほとんど有りません。

これらの検討結果から、今年の梅雨明けが早かったこと。夏日の早まりで樹木の開花の早まり開花期間の短かった事で、蜜蜂の集密活動期間が短くなったこと。蜜枯れが3ヶ月に及んだこと。これらの影響により蜜蜂の成長と貯蜜量の不足に繋がったと結論づけしています。巣板2段の群れが越冬に耐えられるか心配しております。

 

継箱作業の注意点と改善策

日本蜜蜂はおとなしいとされていますが、巣箱に振動衝撃を与えずに静かに少しづつ吊り上げ(持ち上げ)、巣箱を揺すったり回転させない事が、蜂に刺されない為の鉄則で、これを守れないと蜂達は飛び出し刺される結果となります。しかし、重箱式巣箱の場合、巣の成長と共に巣房を下に伸ばす関係で継箱が必要と成ります。現在行われている方法は、三脚や脚立を巣箱の中央に立て巣箱を滑車等で吊り引き上げる事で新たに巣箱を下に入れる。➁巣箱近くにビールケース等の台を置き、巣箱を抱えて台に仮置きして、新たに巣箱を置き、仮置きした巣箱を戻している。①は巣箱のぶれや回転がおきます。➁は巣箱の重さに負けつい乱暴に扱いがちに成ります。それ故に、継箱作業には防護服等が必要で、一人での作業は難しく成ります。また、継箱作業の弊害は巣箱を重ねる際に、巣箱の4面に居る蜂を追い払う事が難しく挟んで殺してしまう事です。これらの問題点を全て解消できるのが重箱式・巣箱リフターです。一人で10分以内に継箱作業が出来る画期的な物です。防護服無しでの作業が可能で、退職後の趣味で飼育する際に、脚立や三脚の移動によるケガをする事も無く安全で手軽な物を活用をお勧めします。                                         

「後ろの足を長くする事て傾斜地に置かれた巣箱も横からも仕様出来ます」

無王群と健全群の合体について

昨年に続き無王群か巣板1.5段で発生しました。そこで健全群(巣板一部2段)の小さい群れと、合体を試み今年同様成功しました。その方法は、下記写真の通り健全群の下に無王群をいれ5日間放置し、6日目に無王群の巣板を撤去し蜂を巣箱1段追い込み健全群と合体させました。

上部コンパネ(底板)から上が弱小群(女王の居る健全群) 下部巣箱2個が無王群の配置です。(合体初期の写真は撮影しなかった為、再現写真を撮り掲載しています)

底板は上下ともの網つきで下のスノコ枠は蓋無しです。下の無王群は巣門枠付き入り口1個、上の健全群は従来通り4面巣門で両軍とも巣箱台付で重ねました。上の巣箱台は足が有ると距離が遠くなるので足無しを使用。蜂達を5日間観察結果は、健全群の置かれている場所に、突然無王群を置かれたので、上の健全群から働きに出た蜂は入り口が従来低い場所だった為、下の無王群の巣門から入り、間違いに気づくとスノコ枠や入り口から出て上の巣箱に入り直している様です。無王群の多くの蜂は巣の周りを飛んだり上の入り口を覗いたりせわしくしていましたが、争いは見られませんでした。

6日目に無王群の下に新たな巣箱を1個置き、採蜜時の通りブロワーで蜂達を下の箱に降ろして巣板の付いた巣箱2個を取除き、健全群の巣箱と結合しました。この間両軍の争いは目にする事無かったです。

下の写真・今回合体を成功させた巣箱の様子で、健全群巣箱2段に1段追加され3段構成に成りました。

考察 ➀無王群に対し健全群の女王のヘロモンを上から下の無王群に届ける事で、恋焦がれていた女王を近くに感じさせられる事、➁健全群の外勤蜂達いつも通りに帰還した巣箱が違っていただけで、争う気持ちは無い入場で有る事。➂無王群の蜂達は巣箱上部からのヘロモンと同じ匂いの蜂侵入によりあえて戦いを仕掛けない様に感じた。④重ねた期間か長い方が良い様に思います。この点が合体成功要因と思われる。今回無王群の巣板が2段有った為最終段階で巣板と蜂達を分離しての合体で分蜂捕獲時の通り周辺に飛び立つ蜂が居ましたが、蜂球する事も無く1時間以内に合体巣箱に収まってくれました。

巣箱でのスムシ活動激化・対策

1.活動激化の見極め方底板に

巣箱上部でのスムシの活動激化すると、今まで底板に黄色や白の小さいゴミが落ちていのに茶褐色のゴミと黒いゴミが目立ってきますが、活動が激化するとゴミのほとんどが茶褐色と黒の混合したゴミに代わります。この状態になると巣板上部では、スムシが巣板を食い破り蜘蛛の巣状に糸を吐き出し巣板の左右に糸が絡んでおり、2~3㎝のスムシがはびこっています。この状態で放置すると群れは巣箱を離れ逃亡します。

2.群れを救う手段

このように至った場合は、新しい巣箱に蜂達を移転させるしか方法は有りません。その手法は、新しい巣箱の上にスムシに侵された巣箱を乗せ、蜂達を下に追い込み、巣板を下に落とさない様に切り取り、巣板に付く働き蜂が少なく成った時点で下の巣箱に蓋をして正常の向きに設置します、本巣に残っていた蜂も巣板を全てを撤去すると女王のいる新しい巣箱に入ります。この処置をする事で群れを救う事が出来ます。

巣板上部にスムシは居るが糸を吐いた形跡も無く、少しの糸なら影響を受けた巣板部分を広めに削り取ります。こうする事でスムシの存在が無くなると、蜂達は削り取った部分の巣板を修復し健全な姿に戻ります。

「早期発見・・早期対策が救済のカギです」

 

巣落ち防止棒と巣板の成長について

巣落ち防止棒と巣板についての報告です。

重箱式巣箱には、巣落ち防止棒が組み込まれています。この巣落ち防止棒は蜜蜂にとっては邪魔な存在なのです。巣板を下に成長させる段階で巣落ち防止棒が有ると棒を避けて巣板を延ばします。写真で示す通りクロスに走る巣落ち防止棒を避けて巣板を2又に分割して伸ばしている状況が見て取れると思います。(先端が黄色い部分が巣板の先端です)

更に巣板を成長させ巣落ち防止棒領域を過ぎると分かれていた巣板を繋ぎ合わせて一体化します。写真左端の巣板の様に一枚にします。

ただし、巣落ち防止棒周りは何時までも完全な巣板幅に成形しません。次の拡大写真の様に巣落ち防止棒周りは、沈み込む様子が見て取れると思います。(青く囲んだ部分の中央で巣板の両サイド共に窪んでいます)

採蜜時に見られる頃には、巣落ち防止棒周りは確りと巣板が巻き込んでいるので気づかないと思いますが、この様に棒を完全に巻き込むには時間を要します。最近暑さが厳しく巣落ち報告が増加しており、特に針金等金属棒を用いている場合、巣箱外部の熱伝導が加わると巣落ち防止棒周りは簡単に溶け空洞化し、継箱で生ずる少し振動や揺れで巣板に亀裂を招き、簡単に巣落ちに至ると推察されます。この現象を良く理解し、10年前の気温と現在は違う環境を鑑み巣箱や飼育方法も進化が必要で、巣落ち防止棒に工夫をすべきと思います。

ちなみに私は園芸用グラスファイバー棒の廃材を用いています。

「 越冬群の採蜜は今 」

越冬群は、春の分蜂時に貯蜜を腹いっぱいに食べて分蜂する事で、巣箱上部の貯蜜は減少しています。この時期まで採蜜を伸ばす事で春から初夏沢山の花に訪花を活発に繰り返す事で蜜を空いた巣房蓄えています。そこで、巣箱を切り離すと巣箱から蜜が滴る大量な蜜を頂だいする事に成ります。注意点は、巣箱を二段切り取る方が居ますが、一個の採取にすべきです。欲張ると、花粉相や子育て相を切り取る事も起こります。一箱で我慢する事で10月初めに二段目を採蜜のチャンスが得られ、年二回大量の蜜を頂ける事に繋がります。

日本蜜蜂の飼育の条件 ❶巣板(高さ150㎜が基準)の占有巣箱は三段以上四段50.60%と以内、空き箱一段以内を最低限確保する。この条件に適合していれば越冬にも耐える事が出来ます。つまり、貯蜜相を最上一段・中央二段は産卵子育て相・下一段巣板拡張エリアと考え、採蜜します。❷継箱の時期は下巣箱1/2以上に巣板が伸びたら行います。★成長が早い群れでも❷を守って継箱し、採蜜時に❶を考慮すれば健康で優秀な群れを飼育出来ます。◎10月~翌年3月までの管理は一回/週の内検で蜂の数変化を観察です。(アカリンダニ感染の早期発見)

 

外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)情報

発見した方は市町村・保健福祉環境事務所に連絡して下さい。
この蜂は、高い繁殖力と分布拡大能力から、一旦定着すれば根絶が困難な為、侵入監視により早期発見、早期駆除が重要ですので下記まで連絡して下さい。

環境省 九州地方環境事務所 野生生物課 096-322-2413
福岡県 環境部自然環境課 092-643-3367
行橋農林事務所 農業振興課 園芸畜産食の安全係 0930-23-0382

 をクリックすると画面が出ます。

貯蜜がほぼ完了

6月も20日を過ぎ、越冬群の分蜂で消費された蜜も貯蜜がほぼ完了しているはずです。既に4/7群の採蜜を終えました。写真は105㎜×2箱を切り取った物です。上箱は巣板の左右を箱から切り離したため上下巣板隙間が有りません。貯蜜を取る事により群れの勢いも復活しますので越冬群は7月10日までには採蜜をお勧めします。今は蜂達が一番活発に活動する時期です。

今季、最大の分蜂群

☆ 今季、最大の分蜂群

集合板の大きさ、縦380×横330×深さ40㎜で正面に見える白い板が高さ60㎜てす。通常の分蜂群は 写真の1/4程度ですがこの群異常と思われる程大きく、収納した巣箱も3段(150㎜)組にしました。集合板は地上高1.5mの梅の木に取付今年も5回程活用されました。構造は枠内に杉の皮を張り付け、分蜂開始時期直前に蜜蝋採取時に取れた誘因液を散布したものです。    撮影は6月2日と分蜂が約1ヶ月遅く開始した群れでの2回目(長女群)です。

最大の分蜂群

HP オープン

5月31日 今年の10分蜂群中、初の孫分蜂が有りました。今回も集合板に峰球したので集合板をビールケースの上で180度回転させ、飼育巣箱を上に乗せ蜂達に巣箱に上ってもらった。(写真は巣箱を乗せた直後で、30分で全て巣箱内に入りました。)

日本蜜蜂の増加を促す為、新規飼育者の増加への取り組みと飼育方法の研究と染症への対策・駆除方法の研究を行い。安定した飼育と群れの増加推進するサイトとしてオープンしました。

活動としては下記を予定しております

  • 飼育方法(巣箱・巣箱リフター・観察道具・掃除用具・その他)
  • 感染対策(アカリンダニ感染対策・スムシ対策・スズメバチ対策)
  • その他